長野県立科町へ 旅する移住

インタビュー

  1. TOP
  2. インタビュー
  3. 先輩の声
  4. ここでしかできない楽しみ方をする

ここでしかできない楽しみ方をする

渡部さん

移住先
立科町
移住年月
2014年12月
年代
30代
家族構成
妻、子ども2人の4人家族
職業
「B&B sora」ペンション 経営

春夏秋冬のここだけしかできない楽しみ方

2015年5月に女神湖商店街にペンション「B&B sora」と居酒屋「sora MESHI」をオープンしました。また、この地域で初めてのジビエ処理施設を運営しています。
大自然の恵みを生かした地元食材や狩猟肉は観光客や地元住民の方に好評です。
春は山菜取り、薪とりで山に入り、秋はキノコ採り、冬は雪遊びをしたり、家族と温泉めぐりに出かけます。自然の中に入って毎日楽しみながら暮らしています。

自然環境が豊かなこの場所でペンションをしたい

退職を機に宿・飲食業ができる場所を探していました。小さな頃から、あだちみつるの「タッチ」に出てくる南風のマスターに憧れていて夢であったペンションを自然豊かな場所でオープンしたいと思っていました。
立科町は、自然環境が豊かで日照時間も長い。子どもの頃からの夢や憧れがこの場所で実現できると思いオープンを決意しました。

楽しんでもらうためのスパイス

蓼科高原では里と1000m離れているので、四季の足音を2回楽しめるところが気に入っています。女神湖と周辺の環境、四季、自然との距離の魅力を多くの方に知ってもらいたい。
観光と農業がきれいに分かれている雰囲気を一つの町で感じられるのがとてもおもしろい所です。立科に来て、バケーションを楽しんだり、山を楽しんだり、いろいろなことを肌で感じて楽しんでほしいと思います。
このペンションはそんな立科を楽しんでもらうためのスパイスの一つだと思っています。

まずは来てください

移住に対して検討されている方は、身構えずに気軽に来てみてください。
ネットを見て調べても人から話を聞いても人によって合う合わないがあると思います。
まずは、行ってみて気軽に話してみる。相談にのってくれる方も多いので、移住された方は自分の体験を話してもらえるので、ぐっと距離が縮まると思います。
自分がどうしたいのか、どんな夢を持っているのかを話してみて、イメージをふくらませてみてください。