長野県立科町へ 旅する移住

インタビュー

  1. TOP
  2. インタビュー
  3. 先輩の声
  4. 畑の世話をしつつ 作曲やレコーディングを

畑の世話をしつつ 作曲やレコーディングを

真辺雄一郎さん・今泉由香さん

移住した年
クラインガルテン利用 → 2018年に移住
年齢
30代
家族構成
3人家族
どこから移住
東京都
職業
ミュージシャン・舞台女優

立科町移住定住促進プロモーション動画「旅する移住」にご出演頂き、テーマ曲「たてしなのうた」を書き下ろしていただいたお2人に、インタビューしました!

立科町を選んだ理由は?

東京で東日本大震災を経験して、食や仕事についての考え方が変わり、農業に興味を持つようになりました。
東京に近いこともあり、立科町を選びました。

立科町に来て、生活して、いかがですか。

最高です。水がおいしい、空気がきれい、食べ物が豊富で、本当の豊かさを感じています。
特に食べ物はフルーツを始め美味しい物が多く、直売所にも週に何度も訪ねています。
妻は料理が好きなので、ジャムなどを作って充実した日々を送っています。

東京での生活と違うところは?

立科での春から秋は、旬の食べ物に追いかけられるように、駆け抜けるような速さで過ぎていきます。
冬はとても寒いのですが、その厳しさがあってこそ、春の喜びが一層増すことを知りました。
都会では感じられることの少ない自然の営みがそこここに見られ、人間も自然の一部だということを再認識させてくれます。

お仕事にもいい影響がありそうですね。

音楽の仕事をしていますので、畑の世話をしつつ作曲やレコーディングをしています。
都会の住居では遮音性などについて留意しなくてはいけませんが、ここではそんなこともなく、創作に集中できます。
立科町にきてからは、別に移住されてきたワイン用ブドウの農家さんの倉庫で、近所の方々が集まったコンサートを開催しました。

※本記事は、mamamo vol.20 (2016年11/12月号:発行株式会社アイク) に掲載された記事を再編して掲載しています。